都市銀行の貸切資金貸し出し種類が多いですよ。

家を購入しようと調べている方の中で、現金を支払って購入される方はかなり少ないと思います。 おそらく、ほとんどの方がローンを利用されていると思います。 強調させていただきますが、ローンは第一金融、私金融の順に受けなければなりません。 そこで今日は、相対的に低金利で利用できるチョンセ資金貸付の種類についてご紹介したいと思います。


まずはじめにご紹介する都市銀行チョンセ資金貸出は農協銀行のチョンセ資金貸出です。 かなりの低金利を持っていますが、最低2.61%から最高4.11%まで平均金利3.02%を誇っています。 一方、高麗貯蓄銀行のチョンセ(伝貰)資金貸出は最低6.7%から最大7.2%まで、平均6.88%の金利で最も高い金利を記録しています。 参考までに、ここでいう都市銀行は、農協銀行を含み、ウリィ銀行、新韓銀行、企業銀行、国民銀行をいい、都市銀行の平均金利は3.45%程度です。

支えになっている賃貸資金の貸付です。

チョンセ資金融資の種類の2つ目を支えるチョンセ資金融資です。 最も代表的な貸し切りの商品ですが、通常と新婚夫婦の商品に分かれています。 「政府で庶民たちの住居問題の安定のために支援する貸出商品なんですが。」 その分、貸付審査において無住宅世帯でなければならないし、所得や世帯員数、保証金額などを調べるなどややこしいです。 でも安い金利を誇っているので人気はまだ高いですよ。


そのため、賃貸資金貸付一般支柱の場合、年2.3%から最大2.9%の金利を持っているだけに、都市銀行の金利より約1%ほど低いという長所を持っています。 新婚夫婦専用の支えである保証金の場合は、所得水準がどうなのかによって審査結果が異なります。 夫婦が合算した年俸が6千万ウォン以下でなければならず、無住宅者に分類されなければなりませんが。 新婚夫婦専用の支えであるチョンセ資金貸し出しの場合、最低1.2%の金利から始まるので、これもかなり低い金利だと言えます。

青年専用の支柱であるチョンセ資金融資を行います。

もし、25歳を過ぎていない青年の場合には、チョンセ資金貸し出しのうち、青年専用に出た支えとしてチョンセ資金貸し出しを推薦しています。 これも単独世帯の場合に当てはまりますが、年齢は満19歳以上-満25歳未満です。 賃借保証金の80パーセントまで融資限度額が出てきて最大限度額は3500万ウォンになります。


金利は年2.3%から最大2.7%までかなり安く利用できますが、青年用支え保証金の場合、限度額が少ない方ですので、ワンルームに賃貸された場合に効果がよいとお話しできます。


これから注意事項についても熟知していなくてはなりませんが、貸切資金ローンの場合、元金を一緒に返済していくのではなく利子のみのお支払いという商品です。 もちろん元本も一緒に返済できますが、デポジットのお返しと全額一時返済ということなので、お得な月額払い額でお住まいいただくこともできますよ。

もし、新婚夫婦の場合、結婚期間が5年以内だが、夫婦合算年俸が6千万ウォンを超える場合、新婚 내구제 夫婦専用「下支え保証金融資」の代わりに「一般下支え金融資」を推薦いたします。


また、無住宅者でなくても都市銀行の貸切資金融資種類が多いのですが。 元金返済への負担が少ないので、通常の信用ローンよりは負担が少ないです。

その他、ローンを調べる順序についても説明いたします。 低金利 > 高金利の順に調べるべきだということは、皆さんご存知だと思いますが。 担保融資から第1金融融資、政府支援融資、第2金融融資、そして最後の私金融融資までの順になっています。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다